服飾専門学校を選ぶときに重要視したいポイント
ロゴ

服飾専門学校は自分の目的をハッキリさせてから決めよう

服飾専門学校の代表的なコース

  • ファッションビジネス科
  • ファッションデザイン科
  • ファッションスタイリング科
  • ファッションアドバイザー科

卒業後に人気の職業TOP5

no.1

ファッションアドバイザー

卒業後に最も人気の服飾関係の仕事は、「ファッションアドバイザー」です。お客様に合ったファッションを提案して、かっこよくておしゃれなスタイリングをしていく仕事です。洋服の基本的な知識はもちろんですがその時の流行、その人の体型や顔に合ったスタイルを熟知していなければなりません。

no.2

ファッションスタイリスト

ファッションアドバイザーの次に人気の職業が「ファッションスタイリスト」です。雑誌やテレビに出るモデルやタレントの方のファッションを担当する仕事です。その場に最適なスタイルを提案し、現場でスタイリングしていきます。ファッションの知識も必要ですが、コミュニケーション能力も求められるやりがいのある仕事になります。

no.3

ファッション店員

3番目に人気の職業が「ファッション店員」です。洋服を売っているお店で働きます。洋服の管理や整理はもちろんですが、お客様に合ったファッションを提案していくのも仕事になります。ファッション店員は他の職業と違って、マーケティングの知識や接客の知識が必要になる仕事でもあります。幅広いスキルを手に入れなければいけません。

no.4

マーチャンダイザー

卒業後に人気の服飾関係の職業第4位は「マーチャンダイザー」です。アパレル店の商品の企画や開発、販売計画の立案などを行います。服飾関係の仕事の中でも多くの専門知識が必要になる職業だといえます。営業スキルや情報収集能力を身につけておかなければなりません。

no.5

ファッションデザイナー

「ファッションデザイナー」も多くの人が憧れる職業で、常に一定の人気があります。新しいファッションを考えて具現化していく仕事です。流行をおさえるだけではなく、今までのファッションの歴史などもしっかりと理解しておく必要があります。一流のファッションデザイナーになることができれば世界で活躍することも可能です。

服飾専門学校を選ぶときに重要視したいポイント

マネキン

自分の目的をハッキリとさせる

東京で服飾専門学校に行きたい方は、最初に自分の目的をハッキリとさせることから始めましょう。洋服やファッションが好きで服飾専門学校に入るとは思いますが、服飾関係の仕事は数多くあります。アパレル店員になりたいのか、ファッションアドバイザーになりたいのか、ファッションデザイナーになりたいのか、職業によって学ぶべき事柄は変わります。卒業後の進路を考えて、その進路に最適な学校やコースを選ぶことが大切です。

学校に足を運ぶ

オープンキャンパスや体験授業などの時に実際に学校に足を運んでみましょう。学校や学生の雰囲気や清潔感、設備の充実度など学校のホームページでは気づけなかったところに気づくことができます。少しでも気になる学校があれば一度は学校に足を運んでおきましょう。その学校の雰囲気を知らずに入学をしてしまい、後悔してしまう可能性を減らすことができます。

卒業生の進路をチェックする

専門学校で大切なポイントの1つが卒業生の進路をチェックすることです。有名な大学などではある程度の進路はわかりますが、専門学校の卒業生の進路は、ホームページなどでしっかりと確認しておかなければ分かりません。自分の学びたいコースから自分の就きたい職業に就いている人がいるかどうかをチェックしておきましょう。卒業生の進路の中に、自分の理想とする仕事がなければ、もう一度学校選びを行う必要があります。

卒業生や先生に話を聞く

インターネットでも学校の口コミや評価を確認することができますが、やはり直接卒業生や先生に話を聞くことが大切な要素になります。卒業生ではなくとも、オープンキャンパスのときに在校生に話を聞くのも1つの手です。実際に学校に通い始めてどうだったか、学校の授業はどのような感じか、授業の質は高いか、といったインターネットの検索では解決しづらい疑問も卒業生や先生に話を聞くことで解決することができます。

広告募集中